どれを使う?スタイリング剤の種類について

 【,

こんにちは。トレサンパオム スタッフの中村です。

前回はヘアセットの仕方についてお話ししましたね。

そこでドライワックス?ジェルワックス?ジェル?ハードタイプ?何を使えばいいの?と思うことありませんか?

今回はスタイリング剤の種類についてお伝えします!

 

トレサンパオムで主に使っているのはドライワックス、ジェルワックス、ハードワックス、ジェルの4つです。これらで最後のセットをお仕上げさせて頂いています。私が使った感想を交えながらお伝えしていきますね!

 

 

ドライワックス

・ツヤが出ない

・ナチュラル

 

ツヤのないマットな質感のワックスで、かなりナチュラルな仕上がりになります。

髪の量が少ない方、薄毛の方にオススメします。パーマをかけている方や髪が傷んでいる方はパサついた印象に仕上がるため、あまりオススメしません。

 

ジェルワックス

・ジェルとワックスの間

 

ツヤ感が出るワックスです。その名の通り、ジェルとワックスの間を取ったようなもので、ジェルのカチッと固まる質感とワックスの扱いやすい操作性を合わせたようなワックスです。フォーマルな場やしっかりとした印象を持たれたいときにオススメします。

 

ハードワックス

・初心者にオススメ

・どんなシーンにも合いやすい

 

はじめての方でも扱いやすいので、私が1番オススメするワックスです。

ショートスタイル~ミディアムスタイルの方にオススメです。

程よいツヤ感が出るため、休日やビジネスシーン、フォーマルな場でも活躍します。

崩れても直しやすいので操作もしやすいです。

ジェル

・ツヤが出る

・初心者には向かない

・崩れにくい

・パーマスタイル

 

ツヤ感が出てパリッと固まる質感です。乾くと動かせなくなるため初心者向きではありませんが、長時間セットをキープすることができるので身体を動かす作業したり、スポーツをしたり、訪問営業したりする方などにオススメです。また癖毛を活かしたい方やパーマスタイルにも向いています。

ビジネスシーン、フォーマルな場やパーティなど、スーツを着てビシッと決めたいときに最適です。

 

 

いかがでしたか?ワックスでスタイリング後、よりキープさせたい!という場合はスプレーを髪の根本付近にかけるのも効果的です。

スタイリング剤をつける際は頭皮には絶対につけないように注意してください!毛穴が詰まってしまい、頭皮トラブルのもとになります!一日の終わりにシャンプーでしっかりと落とすこともお忘れなく(^^)

髪質や髪型、使いたいシーンを応じて使い分けてみてくださいね!