間違っていませんか?ヘアセットの仕方

 【,

こんにちはトレサンパオム スタッフの中村です。

トレサンパに来て「メンズサロンに初めて来ました!」という方が 結構多く、「ワックスの付け方教えて貰っていいですか……?」という声もたくさん頂きます。

今回は私たちがアドバイスしているヘアセットのコツをお伝えします!

 

 

 

形はドライヤーでつくる

 

皆さん、イメージした髪ヘアスタイルのフォルムをつくるためにワックスだけでなんとかしようとしていませんか?

その前に、ドライヤーを使って形を作ることが重要です。朝からそんなことするの面倒くさいな…と思うかもしれませんが、ドライヤーで形を作ってからワックスで仕上げるだけで1日のスタイルのもちが全く違います。

では、どのようにドライヤーを使えばいいのか。

 

ひし形を意識する

 

メンズヘアで男らしくてかっこいいとされているのがひし形のフォルムです。

ハチの部分が抑えられて、トップにボリュームがある形ですね。これを意識しながら乾かしていきます。

まずは頭全体の根元を乾かし、それから形を作っていきます。抑えたいハチ部分は上から温風を当てて潰すように、ボリュームを出したいトップは根元を立たせるように髪を持ち上げて根本付近に温風を当てます。髪の毛は温められてから冷めた時に形が固まる性質があるので、温風を当てた後に冷風を当てると効果的です。

 

サイドの膨らみが気になる方はこのときにサイドの毛も潰しながら乾かすと収まりやすくなります。

また、後頭部の髪がペタンとしやすい方は下から風を当てるとボリュームが出ます。

 

このようにドライヤーを使って、仕上がりの形を作っていきます。

 

 

スタイリング剤は根元から

 

ドライヤーで形がつくれたら、スタイリング剤をつけていきます。

毛先ばっかりにつけるのはNGです。ワックスなどは油分でできていますので、毛先中心につけると油分の重みでセットした毛が落ちてきてしまいます。また初めに前髪に付けるのもNGです。

スタイリング剤を手のひら全体に伸ばしたら、頭皮には付けないようにつむじ付近の根元から全体的につけていきます。髪の毛の表と裏につけていくイメージ。最後に手に余っているワックスで前髪にも付けていきます。

根本付近に全体的にワックスが付いたら再度ひし形を意識して、ドライ中につくった形を目指してハチ部分や抑えたいサイド、ボリュームを出すトップを整えていきます。

 

これが私たちがアドバイスしているセットの仕方です。

 

ポイントは①まずはドライヤーでひし形のフォルムづくり②スタイリング剤は根元③前髪は最後

です!

文字だけでは伝わりづらいと思うので、ぜひ私たちにご相談ください(^^)