帽子をかぶるとハゲるは本当?

 【, ,

こんにちは、トレサンパオム スタッフの中村です。かなり暑くなり、帽子が必要な季節になってきました。紫外線は老け顔と薄毛の元?←こちらのブログで書いたように頭皮のことを考えた紫外線対策としても帽子が必要です。

しかし、たまに「帽子はハゲる!」というようなことを見たり聞いたりしませんか?

結論から言うと、「帽子がハゲる直接的な原因ではない」です。

 

ただ、全く無関係というわけでもありません。

なぜ「帽子はハゲる」と言われるのかお伝えします。

 

蒸れる

 

頭皮には常在菌がいてそれによって肌のバリア機能が正常に保たれています。

常在菌は汗や皮脂をえさとするので、蒸れることによって程よく暖かく湿った状態の頭皮は菌にとって絶好の環境になります。菌たちが繁殖して常在菌のバランスが崩れると、炎症を起こしたり、かゆみによって引っ掻き毛穴を傷つけてしまい、薄毛に繋がります。

この「蒸れる」ということが「帽子はハゲる」と言われる大きな要因だと思われます。

 

また細菌の繁殖だけでなく、通気性が悪いことにより汗や皮脂が毛穴に詰まってしまうと毛の成長を妨げてしまうので、毛根を弱らせてしまいます。

 

もちろんこれらは帰宅後のシャンプーで頭皮環境は回復するので、一日の終わりに洗髪すれば問題ありません。

 

仕事や休日にヘルメットや帽子を被り、家に帰ったら洗わずにそのまま疲れて寝てしまう…という方は要注意です!

 

 

血行不良

 

帽子のフィット感にもよりますが、密着度が高い帽子は頭が締め付けられるので頭皮の血の巡りが悪くなります。毛の成長に必要な酸素や栄養は頭皮の毛細血管中の血液によって運ばれます。特に耳まわりは首から頭へ流れる重要な血管があります!

血行不良は十分な栄養が行き渡らないので、サイズの合った帽子を選びましょう。

 

 

対策

①長時間の着用を避ける

蒸れや締めつけによる血行不良を起こさないようにするため。仕事中は休憩時間などにできるだけ帽子を脱ぎ、頭皮の換気を行いましょう。

そしてこまめに汗を拭くとより効果的です。

 

②通気性のいい帽子を選ぶ

通気性のいいメッシュ生地や、汗がすぐ乾くドライ生地の帽子などを選びましょう。

 

③一日の終わりにシャンプーする

汗や皮脂が溜まった頭皮をそのままにしておくと、頭皮環境の悪化に繋がります。そして悪化した頭皮環境が薄毛や抜け毛に繋がることも…。

必ず一日の終わりに頭を洗って清潔な状態にしておきましょう。

 

 

いかがでしたか?帽子をかぶる行為自体ではハゲません!しかしそのときの自分の頭皮ケアの仕方次第で頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

帽子を被らない方が良い!というわけではありません。以前の記事にもあるように、紫外線は頭皮にかなりの大ダメージを与えます。紫外線を多く浴びる屋外ではむしろ被ったほうがよいのです。

とくにこの季節は注意したいですね!