なぜ育毛にシャンプー選びが必要か

 【,

こんにちは トレサンパオムの中村です。

私もカットする機会が増え、お客さんの悩みとしてよく挙げられるのは やはり薄毛。

20代後半〜30代の方からよく相談を受けます。そこでまず見直して欲しいのがシャンプーです。

毎日使うものだからこそ、見直して欲しいのです。

 

注意すべき成分とは?

 

それは何度か過去のブログでも触れられている合成界面活性剤。

シャンプーの7割は水で出来ており、次に多いのがこの成分です。

 

合成界面活性剤とは?

 

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる成分のことで、シャンプーに含まれる界面活性剤は皮脂汚れを落とすのに欠かせません。

市販のシャンプーはこの合成界面活性剤の洗浄力が高いのがネック。

頭皮に必要な皮脂まで洗い流して、乾燥してしまう場合があります。

育毛のためにはより良い頭皮環境が必要。それなのに乾燥していいはずがないですよね。乾燥するとお肌と一緒でバリア機能が失われてしまいます。

 

 

どんなシャンプーが良いのか?

 

シャンプーは大きく分けて石油系、石けん系、アミノ酸系、ベタイン系です。

この中でおすすめするのはアミノ酸系。洗浄力が優しく、頭皮の皮脂バランスを整えてくれます。ラウロイルグルタミン酸、ココイルグルタミン酸などの成分が入っていれば、アミノ酸系シャンプーです。

キーワードは、

「ラウロイル」「ココイル」。この表記を探してください。

 

 

それとは反対に注意して欲しいのが、

「ラウリル」「ラウレス」の表記。

ラウリル硫酸ナトリウムなどは食器用洗剤と同じ成分です。洗浄力が高すぎるので、必要以上に頭皮の皮脂を奪ってしまいます。

 

 

そして人間の身体には自己浄化作用という、有害物質が入ってきても48時間で排出するはたらきがあります。しかし毎日するシャンプーは24時間サイクルになるので、界面活性剤が蓄積するということになります。

 

 

まとめ

 

○洗浄力の高すぎない界面活性剤

○アミノ酸系を選ぶ

○「ラウリル」「ラウレス」を避ける

 

現在、スタイリストデビューに向けてカットさせて頂ける方を募集しています!

毎月提案メニューと料金を変えてLINE@にてご案内しておりますので、ぜひお友達追加してください(^^)

このアカウントからご予約も可能です!

 

追加はこちらから↓

https://lin.ee/GKlV3Gi

 

 

 

 

インスタグラムもやってます!

https://www.instagram.com/sayankm_d