髪の脱毛周期について

 【, ,

名古屋市昭和区御器所にある最新発毛施術ができる理容室 トレサンパオム

 

最新発毛施術を行えるメンズサロンです。

詳しくはこちらまで↓

育毛トレサンパ

 

今回は毛髪の脱毛周期についてお話ししたいと思います。

 

これを知っているのか知らないでいるかはご自身の薄毛の悩みに対して理解度が違うので是非ともご覧ください。

 

ヘアサイクル(髪の毛の周期)

 

髪の毛には新しく毛ができて、それが成長して自然と抜け落ちると言うようなサイクルを繰り返します。

これをヘアサイクルといいます。

 

このヘアサイクルは健康な方で男性であれば3〜4年、女性であれば4〜6年周期で新しい髪の毛が作られ成長し抜けるまでかかります。

 

薄毛や抜け毛で悩まれている方の脱毛原因の一つはヘアサイクルの期間が健康な方のヘアサイクルよりももっと短くなっているからなんですね。

 

発毛期

名前の通り、毛髪が作られる時期のことを指します。

髪の元となる毛母細胞が細胞分裂を繰り返していくことで毛髪が生成されます。

成長期

成長期は発毛期で行われていることが繰り返し行われて成長いていく時期です。

この期間が正常であれば男性は3〜4年ものあいだ、髪は伸び続けます。

退行期

退行期と言うのは成長期の次の段階のことを指します。

毛母細胞が細胞分裂するためには、毛乳頭細胞からの指令や血液からの栄養供給がなければいけません。

この毛乳頭細胞の活動が低下すると、毛母細胞の細胞分裂がしにくくなり、髪が成長しづらくなります。

退行期では、毛乳頭細胞が毛母細胞から離れてしまいます。

 

つまり離れることで指令がいかなくなったり血液からの栄養供給が弱まってしまい、髪の成長が遅くな流、またはしなくなるんですね。

 

ヘアサイクルの中で退行期は2~3週間ほどの期間となります。

休止期

休止期とは、髪の成長が完全に止まった状態の期間のことを言います。

毛乳頭細胞が縮小して指令や栄養の供給が完全に止まってしまいます。

この状態が2〜3ヵ月続きます。

 

その期間を経て、発毛期へと進んでいき、毛乳頭細胞が活動を再開すると、新しい毛が古い毛を押し出すように生えてきて、古い毛が自然に抜け落ちていきます。

 

脱毛原因の理由

ヘアサイクルの乱れが脱毛の原因の一つと言えます。

 

普通、正常な頭皮環境、ヘアサイクルである男性の髪であれば、3〜4年は髪は成長し存在します。

 

しかし、このヘアサイクルが乱れ成長期の期間が極端に短くなってしまうと頭に点在している期間が短くなります。

 

正常であれば3〜4年の成長期も薄毛で悩まれている方は数ヶ月〜1年ほどしか成長期がないんですね。

このヘアサイクルの乱れが薄毛の原因になっているわけです。

 

ではこのヘアサイクルを正すにはどうしたらいいのか?

 

それは、

 

正しいホームケア

頭皮環境の整備

生活習慣

 

これらがあなたの薄毛を改善する術となります。

 

本気で「薄毛を改善したい」とお考えの男性

 

 

 

発毛・育毛に関してお悩みの方、ご相談などがある方はぜひこちらまでお問い合わせください。