若ハゲで悩む男性が早めの対策をした方がいい理由

 【, ,

名古屋市昭和区御器所にある最新発毛施術ができる理容室 トレサンパオム

 

前回に引き続き、今回は薄毛や抜け毛で悩む10代、20代の男性に、

「なぜ若いうちから薄毛対策をするべきなのか?」

 

このことについてお話ししたいと思います。

 

「なんで若いのに自分だけ薄毛になっていくんだろう」

「ストレスが原因で一時的かもしれないけどどうなんだろう・・」

 

今現在このように薄毛で悩んでいる10代、20代男性の方は特に必見です!

 

 

そもそも若ハゲって?

 

世間で言われている若ハゲとは一般的に10代〜30代前半で薄毛の方のことを言いますよね。

一般的に薄毛になったりするのは年齢を重ねてからなるものという認識がありますがここ数年では若い年代でも薄毛に悩まされている方は少なくありません。

 

現代では食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れやストレスによる脱毛などさまざまな要因が

 

若ハゲになる原因は以前書いたこちらのブログを参照ください。

 

若ハゲに悩む20代男性が知っておくべき事

 

なぜ早めに対策をした方がいいのか?

 

年齢に関係なく薄毛で悩む方は早急に対策をした方がいいです。

ではなぜ早急に対策を取らなければいけないのか?

 

そのことについて触れておきます。

 

脱毛症は進行性

 

脱毛症は進行性のため一度始まったら止まることはありません。

最初は緩やかに脱毛が進行していくため、

「髪が最近伸びにくくなったかな?」

「髪が細くなってきたもしれない」

程度にしかなかなか認識しませんがその時点で脱毛症はかなり進行しています。

 

何もしていなければ一年後、2年後には早い方で薄毛になるリスクが高いです。

 

早めの対処が結果が出やすい

 

髪はヘアサイクルというのがあって成長期→後退期→休止期→脱毛期そして成長期へとサイクルを回って毛が作られています。

 

薄毛で悩まれている方はこの成長期が著しく短くなり休止期が長くなっていることが原因なんですね。

 

健康な男性であれば成長期が3〜4年伸びるのですが脱毛症が進行している方はこの成長期が2年の人もいれば1ヶ月の人もいます。

脱毛症が進行してしまえばしてしまうほどこの成長期の期間は短くなってしまいます。

 

 

頭皮環境が改善されやすい

 

若い年代の方が結果が出やすい理由としては頭皮環境などが年齢を重ねた方などに比べ細胞が元気な状態であるということが一つ言えます。

 

40代で薄毛改善をしようとしても頭皮環境が薄毛になってしまう頭皮環境として長い時間を過ごしてきてしまっているため、改善しようにも戻すためにはどうしても期間がかかってしまいます。

 

若い年代でまだ薄毛になるべくしてなる環境になる前から対策を取ることで必然と結果の出るスピードは変わってきます。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回はなぜ薄毛で悩み若い世代の方ほど早めの対策をしたらいいのかその理由について書かせていただきました。

今薄毛で悩んでいるあなたも一歩踏み出して改善してみませんか?

 

どんな対策をしたらいいのかお悩みの方はぜひ一度こちらをご覧になっていただき、

ご相談、問い合わせもこちらまでお待ちしております。