若ハゲに悩む20代男性が知っておくべき事

 【, ,

名古屋市昭和区御器所にある最新発毛施術ができる理容室 トレサンパオム

 

 

現代では多種多様な生活様式にもなり、食生活や生活スタイルにも変化が生じていますよね。

そんななか若い年代で薄毛や抜け毛で悩まれている男性は少なくありません。

 

そこで今回は若くして薄毛で悩まれている20代男性に知っておいて欲しい事をまとめさせていただきます。

 

20代男性が若ハゲ、薄毛になる原因

基本的に男性の薄毛や抜け毛の原因の一番の要素はAGAと呼ばれる男性型脱毛症となります。

男性型脱毛症の症状は20代後半〜30代後半にかけて洗われることが一般的ですので10代後半〜20代前半で薄毛で悩まれている方は複合で脱毛症を合併しているリスクが高いと言えます。

 

主な要因はこちらになります。

 

食生活の乱れ

 

現代の食生活は多種多様なもので溢れており自分が好きなものだけ食べようと思えばいくらでもそういった食生活を送ることができます。

 

しかし、髪の成長には髪の元となるタンパク質、もといアミノ酸の摂取は必要ですし、ビタミン類もバランスよく摂取しなければ髪を作ることはできません。

 

他にも鉄分などのミネラル分もバランス良く摂取しなければ髪の生成はうまくできません。

 

アルコールの過剰摂取や脂質やカロリーの高い食事では薄毛や抜け毛の進行を促進してしまいます。

 

 

睡眠不足

 

現代の10代、20代前半の若者は睡眠時間がとても不規則になっています。

SNSやインターネットの普及のおかげで今ではオンラインで自宅にいながら友人とゲーム内で会話したり出来たりします。

しかしその反動でオンラインゲームやSNSを頻繁に利用し睡眠時間を削っている若者は少なくありません。

睡眠不足は細胞の修復時間を削ってしまうため1日でダメージを負った頭皮の修復を行えなくなり脱毛症が進行してしまいます。

 

運動不足

 

特にコロナ禍の影響も今は大きいのかもしれませんが運動不足も脱毛症を進行させてしまう原因となります。

適度な運動をしないと筋肉が収縮してしまい、血流が悪くなり、結果として毛母細胞まで栄養を運搬する役目の血液から栄養が送られなくなり、髪の成長を促せなくなります。

 

ストレス

 

ストレスが実際にどう脱毛症に影響しているのかってイメージなんとなくつきにくいですよね。

 

ストレスがかかるとまず自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は交感神経・副交感神経を司っており、自律神経が乱れることで身体のオンオフがうまく機能しなくなります。

 

そうなるとどうなるのか?

 

交感神経は朝起きる時に目が覚めたりする時に働く神経で血管が拡張します。

副交感神経は逆に夜になると眠くなって瞼が重くなるといった時に働く神経です。

これの切り替えがうまく働かなくなることで体が休まらなかったりして睡眠不足や結構不良など様々な問題を引き起こします。

結果として髪に栄養が行き渡りにくくなり脱毛症の進行を早めてしまいます。

薄毛で悩む20代男性ができるセルフケア

食事

 

食事は食べる時間ももちろん大事ですがいちばんは栄養バランスです。

とかく10代後半や20代前半なんかは自分もそうでしたが自分が好きなものを食べがちです。

脂質が高い物、カロリーが高いものなどを食べていては体にどんどん蓄積されてしまい、結構不良が起きやすくなってしまいます。

タンパク質、ミネラル、ビタミン類、酵素などの栄養をバランスよく摂取するように心がけましょう!

 

食事のことはこちらの記事を参考にしてください↓

発毛における食事のバランス

睡眠

 

睡眠は発毛におけることで言うなれば最低6時間は睡眠時間を確保するよう努めてください。

特に夜22時〜2時におけるゴールデンタイムと呼ばれる時間は細胞の修復する時間なのでこの4時間の間の時間で2時間は睡眠時間を確保しているのが望ましいです!

 

できればですが毎日決まった時間に決まった時間に起きるを繰り返すことで自律神経も安定してくるので睡眠時間がバラバラな方はまずそこから意識して変えていきましょう!

 

運動

やはり運動は欠かせません。

適度な運動をしなくてはリンパの流れも滞り、老廃物が溜まり、筋肉の収縮で結構不良も起きてしまい、栄養が頭まで行き渡らなくなってしまいます。

人それぞれ運動する量は多少変わってきますが2日に一度でいいので30分ホドのランニングなどからまずは始めてみましょう。

今20代前半男性で薄毛で悩んでいるあなたへ

 

脱毛症は放っておくとどんどん抜け毛が増えたり髪の毛が細くなったりしてしまう進行性のものです。

若いうちからなんとかしようとすればそれだけ結果は早く出てきます。

 

薄毛がだいぶ進行してしまった30代後半、40代では薄毛の改善はとてもコストと時間を要するため早め早めの対策が必要となります。

 

今回は最低限知っておいて欲しいこと、自宅で最低限できるケアについてお話しさせていただきました。

 

しかしなかなか上で書いたセルフケアだけでは進行を少し遅らせることはできてもなかなか改善まではいきません。

 

本気で将来薄毛で悩みたくない方、結婚して家庭を持ちたい方などは今のうちからなんとかするべきだと思います。

そのお手伝いをさせていただきます。

 

ご相談、お問い合わせはこちらまで。