粃糠性脱毛症について

 【, ,

名古屋市昭和区御器所にある最新発毛施術ができる理容室 トレサンパオム

 

前回、前々回で男性型脱毛症、そして脂漏性脱毛症についてお話させていただきました。

前回までにお話しした脱毛症は男性の多くがなりやすい脱毛症ですが脱毛症にはほかにも種類があります。

そこで今回は粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)についてお話ししたいと思います。

 

粃糠性脱毛症とは

粃糠性脱毛症とは、乾燥した細かい灰白色のフケが大量に発生してしまい、そのフケが毛穴をふさぎ、毛穴にいる常在菌(マラセチア菌)が繁殖することで毛穴から頭皮が炎症してしまい、蚊の成長を邪魔して結果、抜け毛が増えることで薄毛になる脱毛症です。

「粃糠」とは、元々は役に立たないものという意味の言葉なのですが、細かいフケがが出るところからこの名前がついたんですね。

粃糠性脱毛症の症状

 

粃糠性脱毛症の症状の大きな特徴としては、たくさんのフケが出ることが挙げられます。

それも大きなフケではなく、白い粉のような細かくて乾燥したフケが多く発生するのがいちばんの特徴と言えます。

他には頭皮の炎症などの症状もみられ、赤身や痒みを誘発していたり、かさぶたができていることもあります。

炎症からくる痒みで無意識のうちについかきむしってしまい、余計に不毛が発生しやすくなったり炎症が悪化してしまう恐れがあるのも特徴の一つとも言えますね。

そして脱毛症状も粃糠性の特徴的な症状と言えます。

大量発生したふけや瘡蓋が毛穴を塞いだり、フケができることで頭皮に雑菌が繁殖してしまい炎症が起きることで脱毛が進んでしまうことがあります。

粃糠性脱毛症では一部が抜け落ちるというのではなく頭皮全体で脱毛が進行していきます。

粃糠性脱毛症の原因

この脱毛症の原因は、頭皮にへばりつくように毛穴をふさいでしまうほどに発生したフケが原因です。
 
こうなる原因で考えられることは、洗浄力が強いシャンプーで洗髪し、それがすすぎが足らず頭皮に洗浄成分が残ってしまうだったり、自分の頭皮にあわないスタイリング剤などを使用して炎症を起こすことが考えられます。
 
 
頭皮だけでなく肌は必要のなくなった角質が剥がれ落ちて新しい細胞に生まれ変わる
”ターンオーバー”を繰り返しています。
 
しかし頭皮環境が乱れてしまうと正常なターンオーバーが行われず、フケの発生が起きてしまうんですね。

 

改善策

 

洗浄成分の弱い肌に負担の少ないシャンプーを使う

 
頭皮環境の乱れが原因なるのでまずは頭皮に負担の少ないケアアイテムを使うことです。
シャンプーには洗浄成分が多岐にありますが、肌、髪はタンパク質、つまりアミノ酸でできているのでアミノ酸系シャンプーを使用することをお勧めします。
 
頭皮、髪と同じ成分で洗うことで余計な負担を減らすことができます。
 

毎日のケアを丁寧にする

 
シャンプー剤を変えるだけでなく洗い方やすすぎもしっかりとやらなければなかなか改善とまではいきません。
 
爪を立てて洗うような頭皮を傷つけるような洗い方をしていては炎症を引き起こしてしまいます。
シャンプーするときは指の腹で揉み洗いをしましょう。
そしてすすぎは丁寧にすすぎ残しがないようにしましょう。
 
 

まとめ

今回は粃糠性脱毛症についてお話ししました。
 
 
「自分の頭皮はもしかしたらこれに該当しているのかも?」
 
そう感じた男性はぜひこちらまでご相談・お問い合わせお待ちしております。