発毛における食事の栄養バランス

 【, ,

薄毛や抜け毛でまだ悩んでいない男性の多くが、

「最後はクリニックで薬を処方して貰えばいいや」

「育毛剤使ってれば大丈夫でしょ」

「自宅ケアちゃんとしているから大丈夫だ」

というような考えを持っている人が少なからずいます。

 

もちろん薄毛や抜け毛にならないためにも毎日のケアをするのは当然のレベルの話です。

それは髪が成長する土壌として頭皮環境が整っていなければいくらいい栄養分を送っていても髪が作られにくい環境だからです。

 

頭皮環境を整えるホームケアと同じくらい大切なのが食事です。

 

今回は発毛に関する食事についてお話しします。

 

髪の主成分はアミノ酸

髪は主成分がケラチンタンパクというアミノ酸が主成分で作られています。

なのでまず髪を成長させるにはアミノ酸の摂取が必要不可欠になります。

アミノ酸を摂取するにはタンパク質を多く含む食物をとる必要があります。

植物性タンパク質

植物などで摂取することができるタンパク質になります。

大豆、大豆製品

動物性タンパク質

植物性とは違い生き物の肉などから摂取することができるタンパク質になります。

筋トレ好きの方が飲むプロテインでホエイと書いてあるのは乳製のタンパク質なのでこちらになりますね。

青魚、鶏肉、卵、乳製品

などが該当する食べ物になります。

ビタミン類

ビタミンにもいろいろ種類がありますがそれぞれに作用することも違うので満遍なく摂取するのが望ましいです。

ビタミンA

ビタミンAは血液循環を促進する効果があるため髪を作る毛母まで栄養を運ぶために大変重要な栄養素になります。

ビタミンAの摂取には

にんじん、卵、にら、ホウレンソウ、鳥レバー

これらに多く含まれています。

ビタミンB

ビタミンBは頭皮の新陳代謝の活性化を促す効果があります。

健康な神は健康な頭皮からしか生まれないように頭皮環境が悪いと決して神は成長してくれませんよね?

ビタミンBはそんな頭皮環境をととのえるのに需要な栄養素となります。

 大豆、大豆製品、いわし、バナナ、チーズ、マグロ

ビタミンE

ビタミンEは血液の循環を促進する効果があります。血液の循環が促進されることで血中の老廃物が流すことができます。

ナッツ類、ごま、玄米

亜鉛

亜鉛の効果は脱毛の抑制です。亜鉛は必須ミネラルで人間には必要な栄養素となります。また亜鉛はタンパク質とくっついて存在するので髪の生成に大きく関わってきます。

 

貝類、アーモンド、卵黄、牛赤身、豚レバー、いわし、うな

 

 

 

発毛には食事がとても深く関わってきます。

薄毛やん毛気でお悩みの方はまず食事バランスを気にされてみてはいかがでしょうか?

お悩み相談、お問い合わせなどはこちらまで。