うまくスタイリングできない方へ メンズスタイリングの4つのコツ!

 【, ,

うまくスタイリングできない、家に帰ってやってみると違う感じになってしまう、そんなお悩みをよく聞きます!

実は、スタイリングには4つのコツがあり、

それは理美容師だからできるという難しいことではなく、誰でも簡単にできることです。

この記事を読む事であなたは、スタイリングのコツが分かり

明日からスタイリングがうまくできるようになります!

スタイリングがうまくできるようになる4つのコツ

  1. 寝癖をとる
  2. ドライヤーをかける
  3. ワックスは根元からつける
  4. ボリュームを抑えるポイントを知る

ほとんどやってるけどうまくできない!そんな方もいるかもしれません。

お客様のスタイリングの仕方を聞いてみると、少しずつ間違ってる方が多いです。

結果うまくできない状態になっています。1つずつ詳しく説明していきますね。

①寝癖をとる

寝癖は必ずとってください。そのままワックスやジェルをつけてしまうと、はねてしまったり、操作性が乏しく、うまく形をつくれません。

その時にポイントなのが、一度髪全体を濡らすことです!

寝癖がついてるとこだけ濡らす方が多いですが、癖が取りきれないので、全体濡らしましょう!

理容師の僕たちでも、寝癖がついたままスタイリングすることは、うまく形が作れないのでやりません。そのくらい寝癖を取るということは大事なんです。

②ドライヤーをかける

乾かしながら形をつくっていきましょう!ワックスをつける前のドライヤーの工程がとても大事です。ドライヤーのいいところは

  • ボリュームを出すことができる
  • 膨らみやすいとこを抑えれる

の2つです!

ボリュームをだすときには、髪の毛を引っ張りながら乾かしたり、いろんな方向から乾かすことが大切です。

一定方向からだけ乾かしてしまうと、ぺたんとトップが潰れてしまったりします。毛流れと同じ方向にドライヤーの風が向いてしまうと特にそのような状態になってしまいます。

ですのでトップは真上から乾かすのはやめてください。左右から髪を持ち上げながら髪に空洞を作るようなイメージを持ってもらえるとうまくいきます

お客様のお悩みで多いのは、横の膨らみが気になることです。これもドライヤーで改善することができます。

膨らみやすい横は、ドライヤーの風を上から当てるようにして乾かしてください。。そうするとボリュームが落ちますし、熱で癖をつけているので、すぐに膨らんでくることはありません。

③ワックスを根元からつける

ワックスをつける時は、手に出してからよくなじませてください。なじませるのが大事な理由は、髪にまんべんなくつけるようにするためです。

ワックスは、根元からつけてください。よくみなさんやりがちなのが、毛先ばかりつけるやり方です。

毛先ばかりつけてしまうと、ワックスの重みでスタイルがすぐに崩れてしまうのと、根元から立ち上げがないのでボリュームも出にくくなってしまいます。

シャンプーするようなイメージで、つけ始めは全体を掻きながらなじませることを意識してください。

前髪だけ根元までつけてしまうとベタベタしてしまうので、毛先だけにつけてください。

④ボリュームを抑えるポイントを知る

ボリュームを抑えて欲しいポイントは横と、正面から見た時の眉尻の上くらいです。

ここが膨らんでいると、頭が大きく見えてしまったり、ボリュームが出ていないように見えてしまいますので、ドライヤーの時から気をつけて乾かして見てください。

まとめ

  • ワックスをつける前に寝癖を取ることが重要であり、髪全体を塗らすべきである。
  • ドライヤーは、いろんな方向から乾かすことでボリュームが出しやすくなる。
  • ワックスは根元からつける。そうすることにより、持続力が上がる
  • 横のボリュームを抑えることにより、トップのボリュームをしっかりと強調させることができる。

ワックスは最初は誰でもつけるのは下手くそです。正しいやり方を知って、回数をこなすことによりうまくなっていきます。

ですので、意識してチャレンジしてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。