界面活性剤って言葉知っていますか??

 【, ,

働く男性をかっこよく、上質に。

働く男性が【5歳若返る】ための次世代型メンズサロン トレサンパオム

全てのお客様を薄毛・抜け毛の悩み、ハゲから守る!!

 

トレサンパオム 寺田のブログ。

 

さて今回はその名も『界面活性剤』についてお話しします♪

 

そもそも界面活性剤って何?って疑問に抱いた方も少なからずいらっしゃるかと思います😫

 

ではまず界面活性剤がどんなものかというと、

 

水と油という本来溶け合わないものの間を取り持って、溶けたような状態をつくるものなんです!

 

 

シャンプーだったりワックスだったり乳液などの身近なものに界面活性剤は入っています😊

 

 

今回はシャンプーにおいての界面活性剤がどんな役割をしているか?

 

界面活性剤の仕組みを利用して、シャンプーでは・・・・

 

皮脂の汚れや、油分を含んだワックスなどの汚れを落としています!

 

hage5

 

なんだ、界面活性剤って入ってて良いことしかないじゃんと思ったそこのあなた!!

 

それは大きな間違いです!!!

 

uploaded

 

界面活性剤はシャンプーになくてはならないものですが頭皮には少なからず刺激があり負担になっています!

 

 

 そしてこの界面活性剤にもいろんな種類があります!!

 

市販(薬局やドラッグストアなど)のシャンプーの多くは『ラウリル硫酸Na 』や『 ラウレス硫酸Na 』などの石油系のが入っていることが多いです。

 

石油系のこの2つは硬水でも泡立ちがいいというメリットもありますが、刺激が強く毒性があることで肌トラブルも起きやすくなったりしてしまうというデメリットがあります😂

 

なぜこんなデメリットがあるのに市販のシャンプーには石油系界面活性剤が多く使われているのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

ただコストが安いからです!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2013-11-18-13-55-21

 

そりゃあ市販で売っているシャンプーを作る側からしてみたら1000円以下で販売するシャンプーで利益を出さなければいけないのなら安価な成分を使うのは当然のことだと思います。

 

そして美容室で販売しているシャンプーがなぜ高いのか?

これも簡単です。

 

作る時に成分でコストがかかっているからです。

 

mig-2

 

ではトレサンパオムで扱うシャンプーはどうでしょう??

 

img_6276

 

・エントリーNo.1 無添加シャンプー 『イオニート』

 

使用されている界面活性剤 【ココイルメチルタウリンNa】

 

これは低刺激で安全性が高く髪と同じアミノ酸系のものになるため髪に潤いを与えることもできるものです。

 

 

img_6243

・エントリーNo.2 エイジングシャンプー 『ムウム』

 

使用されている界面活性剤  【ラウラミドプロピルベタイン】

 

髪がしっとりと仕上がり、洗浄力もマイルドで刺激性がほとんどない低刺激の安全なものです。

 

 

他にも育毛成分だったり、髪のための成分が色々と入っているわけですが、まず使う成分が市販のものとは違いがあるんです!!!

 

自分の頭皮が荒れやすい肌をしているのにラウリル硫酸Naの入ったシャンプーを使っていませんか???

 

手遅れになる前にまず毎日使うものから見直してみましょう😎

 

157245110-e1463087313696

 

禿げたくないので荒れば正しい知識をつけていきましょう!!

 

ご予約はこちらから↓

http://beauty.rakuten.co.jp/s6000019821/

 

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000263024/